1月 睦月 書き出し 結びの言葉

1月(睦月)の挨拶文~時候の挨拶と季節の言葉~

スポンサードリンク

一月(睦月)の書き出しの文例

「~の候」「~の折」「~のみぎり」をつけて使います
新春 厳寒 厳冬 大寒 寒冷 寒風 酷寒 初春 仲冬

◆ 使用例 ◆

○ 新春のみぎり
○ 大寒の折
○ 寒冷の候

一月(睦月):年頭に使える書き出しの挨拶文

○ 謹んで新年のお慶びを申し上げます
○ 皆様ご壮健(おそろい)でおめでたい(穏やかな/よき)新年をお迎えのことと存じます
カッコ内の言葉を入れ替えることでいろんな文章を作ることができます

一月(睦月):季節に合わせた書き出しの挨拶文

○ 厳しい寒さが続きますが、ご家族の皆様ご壮健にてお過ごしのことと存じます
○ 松飾りもとれ、普段通りの生活が戻ってきたしまたね
○ 日ごとに寒さが厳しくなってきます
○ 底冷えする日が続いております
○ 大寒を迎え、いよいよ冬将軍が到来する時期となりました
○ 暖冬とはいえ、冬の寒さは厳しく感じます
○ 冬とは思えないような暖かい日が続いております

1月(睦月)の結びの言葉

一月(睦月):年頭に使える結びの挨拶文

○ 本年のより一層のご活躍を心よりお祈り申し上げます
○ どうぞこの一年がお健やかな年でありますように
○ お互いに実り多き一年になりますよう
○ 本年一年の皆様のご多幸をお祈りいたします
○ 本年もよろしくご指導くださいますようお願い申し上げます

一月(睦月):季節に合わせた結びの挨拶文

○ 寒さが厳しき折、お風邪などをお召しになりませんように
○ インフルエンザが流行しているようですので、お気をつけください
○ 寒さが身にしみてきますね。くれぐれもご自愛くださいませ
○ 梅の開花ももうすぐですね。春の訪れを心待ちにしております

挨拶文の書き方~マナーと常識その⑪~

署名は直筆で書きましょう

事務的な要素の強い案内所や、結婚式の招待状のような挨拶文の文字は全部パソコンでもいいと思いますが、私信で書く挨拶文はできるだけ直筆で書くことをオススメします

英文の手紙は本文はパソコンの文字を印刷してあっても、最後の署名は直筆ですよね
やはりパソコンの文字というのは事務的なイメージが強く温かみを感じにくいものです
できれば直筆で書くことがいいですね

とはいっても自分の字に自信がなかったり、ゆっくりと手紙を書く暇がないといった理由で手紙や挨拶文を書かなくなるのでは本末転倒です

そういう場合は本文はパソコンの文字でいいので、最後の署名と一言書きを直筆で添えるようにしましょう
ほんの少しの違いですが、挨拶文の温かみが全然違ってきます

スポンサードリンク

スポンサードリンク